甲賀流雨蛙

- コウガリュウアマガエル - 雨蛙は緑色だけではなく、環境に合わせて様々な色に変身する生き物です。私も日々変化できたらいいな。そんな雨蛙と私の観察日記です。

「210」 シュウメイギク

Posted by hoshikura on   4 comments   0 trackback

秋明菊。秋空の中に咲いています。近づいて見ました。こちらは赤色の秋明菊。天高き秋空を目指しています。後ろは柿の木。たわわに実っていたのに、カラスやムクドリに食べられ残り少なくなりました。こちらにも近づいてみました。柿の実を良く見ると、雨蛙がいました。「もしも、柿が食べられたらお腹いっぱいになるのに!」と思っているのかも??こちらは、酔芙蓉。同じ株ですが色は、白、ピンク、赤があります。咲いた時は全部...

「209」 トノサマガエル

Posted by hoshikura on   6 comments   0 trackback

蓮池にも秋がやって来ました。枯れる葉が多くなってきましたが、ここに住んでいるお友達のトノサマガエルさん達は元気です。画面左上にいる沢ガニさんとお話をしているようですね。「夏の池は天国だが、寒くなると体が冷えますね~」「そろそろ土の中が恋しなって来ましたわ~」危険を感じれば直ぐに池に飛び込みます。「ここまでおいで~」捕まえようとすれば、池に潜ってしまいます。こちらの殿さん、度胸があるのか飛び込みませ...

「208」 トックリバチ

Posted by hoshikura on   4 comments   0 trackback

トックリバチがフェンスに巣を作っていました。最終の仕上げは、徳利の口の部分です。次の日、偶然にも獲物のアオムシを徳利の口から素早く滑り込ませるのを見ました。動作があまりにも早くピンぼけとなりましたが、獲物は、蜂と同じくらいの大きさです。ちなみに、獲物は麻痺しているとのこと。蜂は巣の中には卵を生み付けていますので、アオムシは餌となります。徳利の口の部分を壊しています。さらに次の日、徳利は泥でふさがっ...

「207」実りの秋

Posted by hoshikura on   10 comments   0 trackback

実った田んぼの向こうにドクターイエロー? (在来線はドクターWESTとか?)白色の電車緑色の列車も走っていますこの前、稲穂の花を紹介させてもらいましたが、もう直ぐ収穫です。柿も色づいてきました。キウイフルーツの根本には、ヤブランが咲いています。小さな花のひとつ一つが魅力的です。雨蛙の私はジンジャーの葉に似せて、変身の術を磨いています。ジンジャーの花はまだ蕾です。花が咲いたらまた紹介しますね。...

「206」 トックリラン

Posted by hoshikura on   11 comments   0 trackback

このお盆、九州に帰省していました。兄の家に寄った時、「40年前に500円で買って来た苗に花が咲いた」と聞かされました。名前を聞いたが、知らないとの返事。樹高は約3m。根本が膨らんでいるし、葉は長い。花は黄白色で無数に咲いて、蜂が沢山集まっていました。家に帰り調べてみました。”トックリラン” と判明。ついでにわかった花言葉は、「多くの才能」でした。言われは、「たくさんの花を咲かせる」からのようです。こ...