甲賀流雨蛙

- コウガリュウアマガエル - 雨蛙は緑色だけではなく、環境に合わせて様々な色に変身する生き物です。私も日々変化できたらいいな。そんな雨蛙と私の観察日記です。

「189」春寒

Posted by hoshikura on   6 comments   0 trackback

寒い毎日ですが、ロウバイが咲きました。近づいて見れば、透明感があり蝋で作った花のようです。菜の花が咲いていると聞き琵琶湖へ行って来ました。菜の花の向こうは琵琶湖があります。琵琶湖を越えてさらに奥には、雪化粧の比叡山。菜の花の良い香りがしました。春はもうすぐかな?...

「188」雪の中

Posted by hoshikura on   4 comments   0 trackback

梅は、雪の中から春を告げています。南天の赤い実には、まとめて大きな綿帽子。ロウバイはまだまだ蕾ですが、春への準備は順調です。ミツマタの雪、まだまだ蕾が小さく積もれる雪も少しだけ!竹藪の小道!雪の下ではタケノコが春を待ちわびていることでしょうね。この竹藪のトンネルを抜ければ、その先は春かも?まだ誰の足跡もついていません!さあ~、春に逢いに行きましょう!!...

「187」酉年

Posted by hoshikura on   8 comments   0 trackback

挨拶が遅れましたが、「あけましておめでとうございます」今年もよろしくお願いいたします。酉年です。私はコンゴウインコ?。更にしゃべりまくりたいです。酉年です。僕はミミズク?。大きく羽ばたきたいです。酉年です。僕はコノハズク?。頑張りすぎて眠たくなりました。目覚めたら、さらに大きな目で世の中を正しく見つめたいです!...

「186」お正月の縁起物

Posted by hoshikura on   8 comments   0 trackback

お正月も過ぎ去ってしまいましたが今回は、昔からのお正月の縁起ものとしての十両・百両・千両・万両の紹介です。まずは十両。花言葉は、明日への幸福とのこと。百両の花言葉は、富・財産千両の花言葉は、富貴万両の花言葉は、慶祝葉の上に実を付けるのは千両だけであり、他より好まれているとのことです。しかし、実の数量から言えば順番が変わりますね。何はともあれ、今年もめでたいお正月の縁起物の面々が応援をしてくれます。...

「185」柿の花

Posted by hoshikura on   6 comments   0 trackback

今の季節、葉っぱは全部落ちて実だけが鈴なりです。渋柿なんでしょうね?甘柿だったら鳥は見逃すはずがありません!鳥達は、熟すのを今か今かと待っていることでしょう!桃栗三年柿八年ここまでの大木になるには、何年かかったのだろうか?人は、一生勉強 一生青春!!黄金で満開の実を見せてもらったお陰で豊かな心で正月が迎えられます。...